はじめてのけん玉道場inあさくら

ちょっと色々と立て続けでしたので…
遅くなりましたww

ここ数年、子どもたちや若者中心に人気になっているものがあります。
それが「けん玉」

昔遊びのイメージですが、ここ数年では技を華やかに披露したり
空中技を決めたりする「ストリートけん玉」が流行り…
改めて「けん玉」全体が人気となっています。

それに乗っかり…っていうのもありますが、
朝倉市の方ではこの人気のブームになる前から
各地域で「けん玉」をしているところがあるんです。

立石地区・甘木地区では、子どもたちに向けての教室もあります。
特に立石地区の立石コミュニティでの「けん玉道場」は
2008年から始まり、今も毎月第2・4土曜日の10:00~12:00まであっています。
今では市外や県外から参加者も集まり、毎回15人ぐらい集まり切磋琢磨してけん玉をしています。

しかしながら…
市内とはいえ、甘木地区が多い。
せっかくなら市内全体で「けん玉」を盛り上げたいと思い、
今回は朝倉地区・杷木地区にて「けん玉道場」を開くことにしました。
それも2週に渡り「入門編」と「検定編」を開催!!

そして去る7月25日と昨日8月1日に
朝倉地区にて「はじめてのけん玉道場」を行いました。

f0167672_1441867.jpg


1日目の「入門編」には…
立石でも指導して頂いている、けん玉名人
谷川剛先生(けん玉4段)をお迎えしての回。

f0167672_14412884.jpg


参加者は年配の人や家族での参加も含め16名
本当に初めての人もいたり、少ししたことのある人もいつつも、
初めはやはり「持ち方」「膝の使い方」などの基本のことから教えます。

何事も基本が大事!!

基本を押さえることを重点に、そこから技の練習へと入ります。
「手乗せ大皿」「大皿」「小皿」「中皿」と基本の技に挑戦!!

f0167672_144208.jpg



しかし…なかなか難しい。要領は分かるけど、乗らない、落ちる。
その繰り返しで、悔しい思いをしている子もいました。

f0167672_1443423.jpg


そこは谷川先生が的確のアドバイス
なぜ乗らないのか?こうやればできるんじゃないかな?
とうまくモチベーションを上げて教えていきました。

そこから「とめけん」(けん玉の剣先に玉をまっすぐあげて刺す技)まで
みんなで練習をして1日目の「入門編」を終了!!

そして1週間後、各々家で練習をしてきての
8月1日の2日目「検定編」へ。

先週の復習で基本技を練習した後、いざ検定へ!!

「けん玉」
これは「柔道」や「書道」と同じように協会があり、それには
級位や段位に認定があります。
10級から始まり~1級、その後準初段・初段~と上がってきます。
段位まで取れれば、もう大したものです!!

f0167672_14433643.jpg


その検定試験をみんなで行いました。
10級なら…大皿という技を10回中1回決まれば合格!
6級なら…中皿を10回中3回・ろうそくを10回中2回・とめけんを10回中1回で合格!
とそれぞれの級位で技や回数などが違ってきます。

2人組を作り、静粛な雰囲気の中で…
「1回目、始め!」という号令とともに集中して全員が取り組みました。

目標の級位に合格した人もいれば…不合格の人もいました。
でもそれが自分の実力で、悔しいなら練習するしかないのが「けん玉」

日々の練習が実力に変わるという点において、
この経験をもとに日ごろの勉強や他のスポーツなどに
取り組んでくれると嬉しいです。

そして「けん玉」の楽しさに気付き…
ぜひ参加者はこれからも頑張ってほしいと思います。

「あわてず  あせらず  あきらめず」  けん玉の大切な言葉です。
さ~次は8月22日・29日とin杷木となります!!
[PR]
by syogakuk | 2015-08-09 14:38 | ★地域活動実践型

福岡県朝倉市の生涯学習ブログです。様々な体験や学習、イベントを実施し、市民の生涯学習への推進を行っております。問い合わせなどは電話0946-22-2348まで


by syogakuk
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30